UeTa Paint

RECORD

5.
“程よく”を忘れない様に
描き込む。

粗塗りの段階を踏まえて「違うものにしよう」と言う事になれば手順は違ってくるでしょうが、今回はうまくいってるんで、路線変更せずにこのまま完成に向けて描き進めようと思います。

目指す方向が決まれば、いつか必ずできあがる訳ですが、できれば「あまり描き込まなくても完成する様に」と祈りながら、必要な部分だけを見つけ出し、だからと言って神経質にならずに、「適当な所で切り上げよう」という気持ちで腕を動かします。

この絵は、しかし、早々に完成が見えてきましたね。